猫の多頭飼いをしてみて感じたメリットとデメリットまとめ – ねこうぇぶろぐ

猫の多頭飼いをしてみて感じたメリットとデメリットまとめ

いいね!と思ったらシェア

猫たちとの生活が始まり、早いもので2ヶ月が経ちました。私は小さい頃から実家で猫を飼ってきたのですが、多頭飼いは今回が初めてです。

そこで実際に多頭飼いをしてみて感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

多頭飼いのメリット

猫たちの絡みが可愛い

正直この一言に尽きます(笑)とにかくうちの場合猫たちの仲が良くて、いつも2匹で追いかけっこしたり舐め合いっこしたりと見ているだけでとっても和みます♡

いつも一緒にいるわけではないのですが、お姉ちゃん猫のモモちゃんがやることは必ずチルちゃんも真似するなど人間の姉妹のような一面も垣間見れてなかなか面白いです。

お留守番させやすい

猫は言葉を喋れませんのでこれは私の憶測に過ぎないのですが、2匹でいることで1匹でお留守番させるより猫たちのストレスが少ないように感じます。

私が仕事から帰ってくるといつも眠そうな顔で玄関まで迎えに来るので、2匹でお留守番中は遊び疲れて爆睡しているんだと思います(笑)

適度に運動が出来る

先ほども言いましたが、2匹は非常に仲がよく毎日のように追いかけっこが主な種目の運動会を毎日開催しています。うちの猫は箱入り娘なので、リード無しでは外には出しません(すごく出たがりますが車の通りが多いため無理!)

そのため外に出たいストレスを家の中で発散してるみたいです。2匹で遊ぶ事が適度な運動になっているように思います。ただし2匹が仲がいい場合に限るかも知れません…

旦那の親戚のうちは同じく2頭飼いですが、2匹とも超が付くほどのおデブちゃんなので(笑)

デメリット

いたずらの被害が2倍に

うちは共働きのため基本的に日中は家を空けています。毎日いい子にお留守番してるのよ!と口癖のように言い聞かせて出かけるのですが、毎日何かしらの被害があるのは仕方ないと諦めています。

よくやるいたずらは1位が薪ストーブ用の薪の上におしっこ(なぜか木の匂いが大好き)2位がティッシュやキッチンペーパーをびりびりにする、3位が食べ物を漁るです。食べ物等はこちらがきちんとしまっていくなど注意していますが、あいつらは鼻が利くのかどこからか見つけてくるんですよね...

上のモモちゃんがやることは基本的にチルちゃんも真似してやりますので、被害は自ずと2倍になってしまうのです。

エサやトイレなどのコストも2倍

これは仕方ないことと思います。日中はエサを出しっぱなしにしているせいもあり、エサの減りはすごく早いです。また以前紹介したシステムトイレを使用しているため、砂やシートなどの交換目安も1匹よりも2匹の方が早いです。

ちなみにあまりありませんが、う○ちを同時にされると臭さも2倍です(笑)

猫飼いさん必見!猫のシステムトイレと従来のトイレを徹底比較してみた

病気が猫間で感染するリスクがある

うちはほぼ室内飼いのため外猫からの感染リスクは無いのですが、1匹がおなかの調子を壊すともう1匹も壊す傾向にあります。感染性の病気になってしまった場合には注意が必要です。

以前旦那の実家で出産したばかりの猫が食中毒と診断され、下痢がひどい時期がありました。移るので注意してくださいと言われていましたが旦那実家は5匹も猫を飼っていたので注意のしようもなく大変だったみたいです

まとめ

IMG_5804

以上がメリット・デメリットです。私は猫が好きなので、デメリットの方はあまり気になってはいません。ただ感染リスクについてだけは心配ですね。

うちは♀2匹でチルが生まれた時から一緒に生活しているため、2匹がとても仲がよくメリットとしてあげた猫同士の絡みなどが見られます。一緒に飛んで歩いたり、寝るときは重なり合って寝たりと本当に仲良しです。

こればっかりは猫の相性にもよりますので、相性の悪い猫同士を一緒に飼っても猫も人間もストレスなんじゃないかなと思います。周りの猫飼いさんを見ていても、比較的♀同士は仲が良かったり、兄弟・親子などは♂同士でも仲がいいように感じます。

もし猫同士の相性が悪いと感じたら、逃げ場所を作ってあげるなど飼い主の努力も必要かもしれませんね。

いずれにしても私は多頭飼いをオススメします!何たって可愛いんだもの!!

スポンサーリンク

いいね!と思ったらシェア

フォロー待ってます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です