大恋愛第5話 ネタバレ・感想 真司と尚が涙の別れ!?二人の行方は一体どうなるの?

大恋愛もついに折り返しの第5話が放送されました。

感想記事が2話で止まってしまっているのですが、先に第5話の方を公開させていただきます。3・4話も早急にアップしますのでお待ち下さい。

さて第5話は4話の最後で真司と尚が別れた場面から始まります。

真司から尚へ告げた突然の別れ

「別れよう」と尚に突然の別れを告げる真司。

真司が倒れた時病院で、尚が真司の名前を呼び間違えたことを怒っているの?それは病気のせいだから許して欲しい、と懇願する尚ですが、「もう無理なんだ、支えていく自信がない」

と泣いている尚を1人残して部屋を出る真司。

尚は母の待つ家に帰り、真司と別れたことを報告します。

すべてを投げ出して真司と生きる道を選んだのに、突然尚を捨てるように別れを告げて逃げ出した真司を許せない尚の母は、金輪際尚に近づかないようにと警告します。

突然理由もわからず真司に別れを告げられて納得のいかない尚は、真司の職場まで押しかけて上司の木村(サンドイッチマン富澤)に真司の居場所を知らないか?と問い詰めます。

何も知らない、そういう行為が重いんだ、もう放っておいてやれと何も教えてくれない木村。

最後に2人が出会った思い出のお店で飲もうとLINEする尚ですが、ついにその居酒屋に真司が現れることはありませんでした。

そのまま真司は尚に何も告げずに、住んでいたボロアパートも引き払い姿を消してしまいました。

脳みそとアップルパイ

真司と別れてから9ヶ月たち、尚はすっかり元気がなくうつ状態に陥っていました。

自分で録画した動画を見ている尚。

  • あなたの好きな小説は?
  • 母親の旧姓は?
  • 間宮真司が捨てられた神社は?

これに答えられなくなったらあなたがやるべきことは1つ、自ら死ぬことです。

この動画をうつろな眼差しで見つめる尚。この3つの質問は、真司と決めた質問でしたね。自ら死ぬなんて自分を追い詰めていく尚。

主治医で元婚約者の井原は、尚の病状はあまり進行していないもののどんどん鬱傾向になり自殺もしかねない状況にあることを心配していました。

そんなある日病院の帰り道ふと立ち寄った書店で、1冊の本を見つける尚。そのタイトルは【脳みそとアップルパイ】、真司が尚のことを書いた小説なのでした!

手に取り一心不乱に読み耽る尚。その小説の内容は紛れもなく尚と真司の愛の軌跡を綴ったものでしたが、結末は主人公の女性はライバルである医師と結ばれて終わります。

彼女は俺に再び小説を書かせるために、神が俺に使わせた女神だったに違いない

その1行で小説は締めくくられていました。

小説は売れに売れ再び人気作家として注目される真司。小説は尚の目だけではなく元婚約者の井原の目にも止まります。

再会する二人・・・そして

小説を読んで思うところがあった井原は、尚と真司の思い出の居酒屋に真司を呼び出します。

尚を支えていけるのは医師としても男としても井原だけだと身を引いた真司でしたが、井原は尚に2度振られています。

その事実と今尚がうつ状態にありボロボロだと知って驚き後悔する真司でしたが、なんとその場に尚が現れます!

気を利かせた井原が、尚を呼び出していたのでした。久しぶりの再開にぎこちない二人。その時真司が口にしたのは「結婚しよう」というプロポーズの言葉でした。

突然目の前から何も言わずに姿を消した真司を攻めることなく、すべてを受け入れOKする尚。尚の母にも許しをもらい、ささやかながら結婚パーティーを行います。

2人は幸せを噛みしめるのでした。

大恋愛第5話 感想まとめ

突然何も言わず姿を消した真司、そして落ち込みふさぎ込みうつ状態になってしまった尚。見ていて「真司なんでだよ〜!」とやきもきしましたが、最終的には丸く収まり幸せそうな二人でよかったです☺

尚の病気のことを思い身を引いた真司でしたが、本当に尚のことを考えていたのであれば尚のそばにいてやれよって感じでしたが、小説も売れたし金銭面でも尚を支えることが出来るのかな?と思います。

個人的に面白かったのが行きつけの居酒屋の店長と店員さんが、なぜか2人の結婚パーティーに呼ばれていたことw

俳優さんの名前がわからないんですけど、店長さん役の人かなり良いキャラしてますねwこれからも毎話登場して欲しいですね〜!

一応5話で前半終了で、今が幸せの絶頂みたいな雰囲気なので、これから尚の病気が進行してどうなっていくんだろう・・・と心配です。

今後の展開からも目が離せませんね🤔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です