サイトテーマ変更中のため見づらい記事あり申し訳ありません(T_T)
家計管理

【もう挫折しない!】家計簿を長続きさせる為に必要なたった3つのポイントとは?

「今年こそ家計簿をつけよう!」

そう決意していたのに、1ヶ月も続けられなかった…。そんな経験はありませんか?

実は私も袋分け家計簿、レシート貼るだけ家計簿など様々な家計簿に挑戦しましたが1年間続けられたことがありませんでした。

しかしたった3つのポイントを押さえるだけで、現在進行形で無理なく家計簿を続けることが出来ています。

この記事は

  • どんな家計簿をつけても続かない
  • 家計簿に挑戦したいけど、どの家計簿を使ったらいいか分からない
  • 今度こそ挫折しないで家計簿をつけたい!

そんなお悩みを解決してくれる手助けになることと思います。

何の為に家計簿をつけるのか考える

あなたはなぜ家計簿をつけたいと思いますか?

私はただ漠然と「結婚したからには家計管理しなきゃ」という思いで家計簿をつけてきました。

ただ漠然と家計簿をつけていた結果、何の実りもなく途中で挫折するということを繰り返してしまいました。

・◯◯の為にお金を貯めたい!(例えば注文住宅を建てたい、ハワイ旅行に行きたいなど)
・借金を早く完済したい!
・自分が毎月いくら使っているのか知りたい!

こういった具体的な目的を持つことで、自分に合った家計簿のタイプも見えてきます。

[say img=”https://nekoweblog.com/wp-content/uploads/2018/02/にくきゅうさん_納品用㈰.png” name=”ちるきち”]ちなみにわが家の目標は、頭金を貯めて住宅を購入することです♪小さい頃から新しい家に住むのが夢だったので、貯金に対するモチベーションが下がらず家計簿をつけることができているよ![/say]

[box class=”box29″ title=”ポイント①”]家計簿を始める時は「なぜつけるのか」を考えることが長続きする第一歩![/box]

1円単位で合わせようとしない

家計簿をつけ始めると、使ったお金を1円単位で細かく記入しがちです。

しかし細かく記入すればするほど、使途不明金が増えてしまい収支が合わなくなるという事態が起こります。

会社の帳簿をつけているのであれば、1円のズレも許されません。

しかし家計簿は必ずしも1円単位で合わせる必要はないと私は思っています。(もちろんどんぶり勘定すぎて何万円もずれていては意味がありませんが)

家計簿をつけるときに大切なのは、毎月自分がいくら使っているのかを把握すること。1円単位で細かく管理することは、家計簿を続けるにあたって障害になることもあります。

[box class=”box29″ title=”ポイント②”]数十円のズレは気にしない!毎月いくら使っているのかを把握することが大切[/box]

自分に合った家計簿を選ぶ

冒頭にも書きましたが、家計簿と一言で言っても様々な種類があります。どの家計簿が自分に合っているかは、試してみないとわからないこともあります。

私の場合袋分け家計簿は全く自分に合ったやり方ではなく、3ヶ月持たずにギブアップでした。

しかし袋分け家計簿で成功している人もたくさんいます。

自分に合わない方法で付け続けることは、ただのストレスにしかならず長続きなどするはずもありません。

家計簿を付ける目的が単純に収支のみを知りたいのであれば、費目を設定する必要はなく小学生が使うようなお小遣い帳で事足りると思います。

本屋さんに行くと色んな家計簿がうっていますので、まずは自分が続けられそうな家計簿を選んで始めてみましょう♪

[say img=”https://nekoweblog.com/wp-content/uploads/2018/02/にくきゅうさん_納品用㈰.png” name=”ちるきち”]私は色んな家計簿を試したけど、最終的には自分でカスタマイズできるGoogleスプレッドシートで作った家計簿とほぼ日手帳に使ったお金を記入していくスタイルに落ち着いたよ![/say]

[box class=”box29″ title=”ポイント③”]ストレスを感じず続けられそうな家計簿を選びましょう!とりあえず試してみることも大切です[/box]

自分に合わない家計簿を使って長続きしなかった私の経験はこちらから

[kanren id=”2933″]

まとめ

私は自分がいくら毎月いくら使っていていくら手元に残るのか、それを知りたいという目的を設定して家計簿をつけ始めました。

その結果自分に合う家計簿が見えてきて、何度か私のブログにも登場するあきさんの家計簿に巡り会い挫折することなくつけ続けることが出来ています。

さらにそこから発展して、費目ごとの予算設定まで出来るようになってきました!

 

あなたもまた家計簿をつけ始めてみませんか?

)