私が実際に行った引越しに必要な手続きまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

長野のド田舎で暮らす、87年生まれのワーママ主婦ブロガー。子育て情報、家計管理記事などワーママに役立つ記事を更新していきます。

私は今月アパートから一軒家へ引越しを行いました。アパートに住んでいた期間は約1年半とそんなに長くは無かったのですが、それでも荷物が結構多く手続き等も以外とあり大変な思いをしました。そこでこれから引越しの予定がある人のために引越しが決まったら忘れずにやっておくべきことについてまとめてみました。

引越しを準備する人

賃貸なら管理会社に連絡を

これは言われなくても…と思うかもしれませんが、引越しの日程が決まったら大分先でも早めに連絡しておくことをオススメします。私は1ヶ月前には管理会社に連絡を入れ、各種手続きの方法についても確認を行いました。

水道・ガス・電気の移転手続き

こちらも日程が決まり次第早めに連絡をしましょう。1週間くらい前には確実に連絡を入れることが理想的だと思います。秋~冬の引越しで、寒い地域に住んでいる方は電気の手続きだけは少々注意が必要です。凍結防止帯はほとんどが電気で動いているので、電気を止めてしまうと最悪水道管が破裂します。電気については管理会社によく確認することをオススメします。またガスの閉栓にも立会いが必要な場合がありますので要確認です。

 インターネットの移転手続き

こちらもブロガーさんや普段からインターネットを使う方には必須時効です。私はフレッツ光を使っているのですが、移転時に回収工事と新しい家への設置工事が立会いで必要となりました。工事の日程は自分の希望の日が直前になると取りづらかったりするので、こちらも早めに連絡しておいた方が無難です。

転居・転送サービスへの申し込み

引越し先に郵便物を届けてもらうために、郵便局に転居の届けを出す必要があります。今までは郵便局に行かないと出来ないと思われがちな手続きでしたが、最近はこちらからインターネットで簡単に手続きできるようになりました。私もなかなかお昼休みなど時間がなかったためネットから手続きをしましたが、時間もかからず簡単に行うことができました。

引越し業者への見積もりを頼む

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電などは、なかなか素人が運ぶのは大変ですよね。運べたとしても壁などに傷をつけてしまっては、修繕費を余分に取られてしまうことになります。そこで必要があれば引越し業者にお願いすることをオススメします。私は引越し侍を使って一括で見積もりを取ったのですが、ここで少し注意。

確かに連絡はすぐ来て対応も早いのですが、一括で見積もりメールを送った瞬間から電話・メールが鳴り止まない
比較が出来るのはいいのですが、若干わずらわしいです。私は結局引越しのサカイに決めました。

 その他宅配サービスなどにも住所変更の連絡を

そのほかに何か宅配サービスなどを頼んでいる場合にも住所の変更手続きが必要です。私は生協を利用していましたので、電話にて手続きを行いました。引っ越す地域によって集配日が変更になりますので、そのあたりも含めて確認していったほうがいいと思います。

ご近所への挨拶も忘れずに

引越しの日はいつも以上に大きな音も出ますし、特にアパートなどは引越しの挨拶はきちんとしたほうがいいでしょう。引越し業者など大きいトラックが入る場合も、駐車場にトラックがこの時間に入りますと伝えておけばトラブルも防げますのできちんと挨拶はした方がいいです。

 

以上が私が引越しの際に行った手続きです。実家から結婚してアパートに出た際は、大きな荷物も無くいらないものは実家に置いてきたりしていたので引越しがこんなに大変なものとは知りませんでした。皆さんも引越しする際は是非この記事のことを頭の片隅にでも思い出して頂けたらなと思います。









最後まで読んで下さりありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です