知育に役立っていると感じる絵本

生後3ヵ月頃から毎日絵本を読み聞かせているおかげか、今では絵本大好きな娘。

最初は親の自己満という感じで口コミで人気の絵本やこれ可愛い♡と見た目で絵本を選んでいましたが、月齢が進むにつれて知育のことを考えて絵本を選ぶようになりました。

1歳4ヵ月の現在、実際に知育に役立っているなと感じる絵本をご紹介します。

かんかんかん 福音館書店

こちらの絵本は言葉の発達に大変いい影響を与えてくれたなと感じている絵本です。

かんかんかんの音と共に色んなものを乗せた電車が走って来ます。

その中でうまうま列車というご飯をたくさん乗せた電車が出てくるのですが、それを見ているうちに娘が

「うんま」

と言葉を発するようになりました!!発語が遅くて心配していましたが、うんまと喋りだしてからどんどん単語が出て来るようになり安心しています。

ドラえもん はじめてずかん 小学館

可愛いイラストにそのイラストの動物や乗り物の名前がひらがな&英語で書かれています。

動物・乗り物・食べ物・身につけるものなど、身の回りにある身近なものがたくさん書かれています。

始めのうちはあまり興味がなくこの本を読んで!って持ってくることが少なかったんですが、1歳を過ぎてから指差しブームが始まりこの絵本が大好きに。

にゃんにゃん・かーか(カエル、カラスのこともw)などの言葉を覚え、〇〇は?と聞くとそのイラストを指差すようになりました。

同じような本で、こちらもオススメです♪

はじめてのことば100 ポプラ社

こちらはイラストではなく写真なのですが、ひとつひとつの写真が大きくとても見やすいです。

表紙も柔らかく出来ていて、小さい子に優しい絵本です。

だるまさんと ブロンズ新社

だるまさんシリーズは結構有名ですよね。

3冊シリーズ化しているのですが、うちにはこのだるまさんとしかありません。

このストーリーが結構面白くて、テンポも良いので私も大好きな絵本の1つです。

だるまさんがいちごさん、ばななさん、めろんさんと様々なアクションを起こすのですが、めろんさんとはぎゅーっと抱き合うんです。

そのページになると娘は私にぎゅー♡としてくれます♡娘の心の発達にいい影響を与えているなーと感じる絵本です。

まとめ

たかが絵本、されど絵本です!

お膝の上に娘を乗せて絵本を読んでいる絵本は至福の時です♡絵本を通じて娘とともに成長していきたいと思います!