厳選記事サイトマップはこちら

正しい家計管理実践レポ③クレジットカードとの付き合い方を考える

正しい家計管理実践レポ3回目は、クレジットカードについてです。

関連記事実践レポ①預金への考え方を変える
関連記事実践レポ②特別費を制する者は家計管理を制する!

前回までの実践レポではまず預金に対する考え方を改めて、年間にかかる特別費を算出し予算化していきました。

今回は家計管理をしていく上で足を引っ張りがちな存在【クレジットカード】との付き合い方についてです。

クレジットカードは悪なのか?

私は昨年10冊以上家計管理やお金に関する本を読みました。どの本を見てもクレジットカード=悪、なるべく使わないようにと書かれています。

もちろん私が家計管理の教科書としている【正しい家計管理】にも、クレジットカードの支払いはなるべくやめて現金主義で家計管理をしていきましょうと書かれています。

確かにクレジットカードは手元にお金が無くても限度額までの買い物が簡単に出来ます。

実際にお金を使っている感覚がなく、ついつい使いすぎてしまうことで翌月の請求額を見て「支払いどうしよう」とオロオロされた経験が誰にでもあるのではないでしょうか。

クレジットカードの問題点
  • 手元にお金がなくても、欲しいものをすぐに買えてしまう
  • 実際に財布からお金を出さないので「お金を使った」という感覚が乏しい
  • クレジットカード=借金という感覚がない人が多い
  • ポイントが貯まるということにとらわれて、無駄な買い物をしがち

現金がないからクレジットカードを使っている人は今すぐやめるべき

毎月お金が足りなくなってクレジットカードでの支払いに頼っているのなら、いますぐクレジットカードは止めるべきです。

なぜならそれは自転車操業と一緒だから。毎月お金がないからクレジットカードで支払っているということは、今月支払わなければいけないお金を来月に繰り越している=借金していることと変わらないからです。

手持ちの現金がなくクレジットカードで支払う→次月請求額が多くまた生活費が足りなくなる→クレジットカードで支払わざるを得ない、という悪循環に陥ってしまいます。このタイプの人はまず

  • 固定費を見直し月の支出を減らす
  • 生活費を予算立てして無駄遣いを減らす

など根本的な所を見直して、クレジットカードで支払うのをなるべくやめたほうが良いです。

実はこれ、家計管理に向き合う前の私のお話です。これではいつまでたってもお金が貯まりませんし、浪費がかさむ一方です。気付いたら来月の請求額が5万円以上なんてことも度々ありました(-_-;)。

よく考えずにクレジットカードで衝動買い

ふらっと買い物に行った時、「この服可愛い〜♡欲しいなあ」と思ったとします。でも財布の中には1,000円しか入っていません。ATMも近くになく、お金を下ろすこともできません。財布の中には現金の他にクレジットカードが一枚、あなたならどうしますか?

以前の私だったら確実に「クレジットカードで買っちゃお!」ってなっていたと思います。(何なら来月支払い多そうだから分割で!)

しかしクレジットカードは現金がなくてもすぐ支払いができ便利が故に、ついつい使いすぎてしまいます。そして気付いた時には請求額が膨らみ、次月自分の首を締めることになってしまいます。

欲しいものがあったけど手持ちのお金が無かった場合は、まず本当に必要か?今月買っても大丈夫な品物なのか?を一旦家に持ち帰り考えてみて下さい。

冷静になって考えてみると、「さっき何で欲しいと思ったんだろ」と考えが変わることもあります(笑)

衝動買いの多い人は買い物の際にクレジットカードを家に置いて買い物に行き、強制的に使わないようにするのも1つの手段だと思います。

クレジットカードの悪い使い方
  • 今月の生活費が足りないからカードで支払っちゃお→来月の家計から借金しているようなもの。来月請求が来て、また家計が苦しくなる原因に
  • コレ欲しいから今すぐカードで買っちゃお!(衝動買い)→カードだと手持ちの現金が無くても簡単に買えてしまうので、無駄遣いの原因に

クレジットカードは便利ですし、ポイントが貯まるなどのメリットもたくさんあります。

クレジットカードを使う事自体、悪いことだとは全く思いません。

しかし問題なのはその使い方なのです。今月の生活費が足りないからクレジットカードで、衝動的に欲しいものがあるけど手持ちがないからクレジットカードで…そんなことを続けていると、財布に穴が開いているのかな?って思うくらいに、浪費がかさみお金が貯まりません。

クレジットカードを使いすぎないための対策

毎月クレジットカードの支払いに追われ、家計が苦しかったわが家が実際に行っている対策をいくつか紹介します。

本当に必要な費用にしかクレジットカードを使わない

以前は生活費など足りなくなったら使う、自分の欲しいものがあったら衝動的に買ってしまうという使い方をしていましたが、現在はクレジットカード払いしか出来ないもの・クレジットカード払いのほうが便利なもののみ使用しています。

  • サーバー代
  • 格安SIM(mineo)引き落とし
  • オンラインサロンの月謝

などをクレジットカード払いにし、日々の買い物ではほぼクレジットカードの出番はありません。

ポイントが貯まりやすいカードを1枚だけ所持

上記のmineoの引き落としなどはクレジットカードでなければ出来ませんし、どうせ使うのであればポイントが貯まりやすいカードを使いたいですよね。

わが家では楽天カードをメインのカードとして使用しています。

楽天カードの良い所
  • 新規入会で5000ポイントもらえる!(たまにキャンペーンでもっともらえることも)
  • 楽天市場での買い物を楽天カードですると常にポイント+3倍
  • 年会費無料
  • 1ポイント=1円で使える
  • ツルハドラッグ・マクドナルド・ミスドなど町でもポイントが貯まる&使える
  • 主婦でもカードが作りやすい

楽天カード歴は3年以上になりますが、本当にポイントが貯まるスピードが早いです。気付くといつの間にかポイントが貯まっています♡

もちろんポイント狙いであえてわざわざカード払いになんてしなくても、必要なものの支払いやポイントカードをツルハドラッグなどで提示するだけでコツコツと貯まっていきます。

買い物の際の端数に使ったり、頑張って貯めて娘にちょっとイイものを楽天市場で買ってあげたり…♡ある程度貯まってきたら、月に1度はポイントを使ってミスドでドーナツを買い、家族で美味しくいただいたりもしています♪

楽天トラベルからもポイントが貯まるのでホテルの予約なども楽天カードを使ったり、パソコン音痴な親に代わって私のカードで宿を予約してあげて親から現金を徴収しポイントはゲットというせこい方法でポイントを稼いだりもしています(笑)

ポイント目当てであえてカードを使う必要はありませんが、どうせ使うのであればポイントが貯まりやすいカードを1枚持っているとちょっとした楽しみが増えますよ。

カードで支払ったら封筒に現金を入れておく

これは正しい家計管理でも紹介されていた方法です。

ポイントを貯めたいから食費など生活費も全部カードで支払いたいという人も中に入ると思います。

そういう方は、使った額だけ封筒に現金を入れて管理しておけば次月の請求時に焦ることなく支払いをすることができます。

衝動買いしてしまったとしたら、その額を自分のお小遣いから入れるなど使った分だけ現金を取り分けておきましょう。

使い方次第で良くも悪くもなる

クレジットカード=悪いものという書き方をしている本もありますが、私は使い方次第だと思います。

実際生活していると、クレジットカードを1枚も持っていないというのはなかなか不便なものです。

支払いを後回しにするためだけに使わないように気をつけ、うまく使っていくことでポイントを貯められるなどのメリットもあります。

私は使った分お金を取り分けておくのも面倒くさいので、生活費の支払い口座から即時決済されるデビットカードを使っています。

口座に入っている額以上の支払いは出来ないので、1ヶ月の予算を口座に入れておくだけでデビットカード1枚あればスマートに支払いができるのでとても気に入っています♪またデビットカードのお話は別の記事で書かせていただきます。

「毎月のクレジットカードの請求が多くて大変だな」

そう感じている方は、ぜひわが家の対策を参考にしてみてくださいね!

正しい家計管理実践レポシリーズはこちらから

第1回預金への考え方を変える

第2回特別支出を制する者は家計管理を制する!年間の特別支出を計算してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です