エルゴvsベビービョルン!ママ目線で抱っこ紐比較してみました(首すわり前編)

AdinaVoicu / Pixabay

 

もうすぐ生後三ヶ月を迎えますが、まだまだ赤ちゃんと二人きりの外出には慣れません。チャイルドシートも信号待ちの度に泣いてしまうし、抱っこ紐もなれないせいか私もまごまごするし娘も嫌がってしまいます。

妊娠中に購入したのはエルゴなのですが、最近ベビービョルンも買い足して使用しています。首すわり前、体重約6キロ弱の娘を抱っこしてみた使い心地を比較してみました。

 

エルゴVSベビービョルン使いやすいのは?

エルゴベビー

 

 

いい所

■デザインが豊富

■女性でも無理なく抱っこが出来る

■インサートを使用すれば新生児期から使用可能

 

使いにくい所

■首がすわる前の装着が難しい

■インサートが無いと新生児期には使用できないし、インサートに入れて抱っこする作業が面倒くさい

バックル(特に背中の)が止めづらい

■赤ちゃんが小さいうちは足の位置をどうしたら良いのかイマイチ分からない

 

エルゴは定番中の定番ですよね。ほとんどのママさんが選択すると言っても過言では無いくらい、エルゴを使用している家庭が多いのではないでしょうか?

私も抱っこ紐を購入する際に定番で使っている人が多いのと、義姉よりエルゴのインサートを頂いたことなどからエルゴを購入することに決めました。しかしいざ1ヵ月を過ぎて使ってみると、いまいち装着方法が分かりづらい

赤ちゃんの首が座る頃には足がエルゴから出るのでそのまま抱っこすればいいと思うんですが、小さいうちはインサートの中で足をどういう姿勢にしておけばいいのか分からないしインサートから足が出るようになってもその足をどこに出せばいいのかいまいち分からない

 

慣れればもっと簡単に抱っこ出来るのかなぁと思うのですが、まだまだ慣れないしインサートに入れてから抱っこするというのが何回やってもうまくいかない!何というかきつくて抱っこ出来ない感じなんです、、とりあえず首がすわるまではエルゴの出番は無いかも。娘も泣きますし(;_;)

 

ベビービョルン ベビーキャリアオリジナル

 

 

いい所

■値段がお手頃

装着方法がわかりやすく簡単

■インサートなど無くても首すわり前から使用可能

 

使いにくい所

猫を飼っているのですぐ毛まみれになる

■ウエストバックルの調節に力が必要

■説明書通りに抱っこすると、足を抱き入れるのが難しい

 

ベビービョルンの抱っこ紐にも色々種類がありますが、私は最初に二万弱するエルゴを購入してしまったため1番安価だったオリジナルを購入しました。しかもトイザらスでSALEをやっており、さらに貯まっていたポイントを使ったので5,000円程度で購入できました!

使ってみるとエルゴに比べて作りがシンプルなので使いやすい\(^o^)/

そして首すわり前からインサートなどが無くても使えるので、特に何か買い足すこともなく購入してそのまま使うことができます♪しかし他の方のブログでも書いてありますが、体重が重くなってきたら肩に負担がかかりすぎて使えなそう。

抱き方も簡単ですが、説明書通りに抱っこするには首すわり前にはちょっと難しいかも。この商品はたすき掛け部分と本体部分に別れているので、まずたすき掛け部分を装着したら本体部分をどこかに敷いてそこに先に赤ちゃんを乗せてから抱き上げるとうまくいきます♪

娘もエルゴの時みたいに泣くこともなかったので、しばらくはベビービョルンを使ってお出かけしてみようと思います!!