きちんと使い分けていますか?WordPressの「カテゴリー」と「タグ」の違いについて

ABOUTこの記事をかいた人

長野のド田舎で暮らす、87年生まれのワーママ主婦ブロガー。子育て情報、家計管理記事などワーママに役立つ記事を更新していきます。

WordPressやその他無料ブログでもそれぞれの記事にカテゴリーやタグを付けることが出来ますよね。記事を分類するのにどちらも必要なのですが、その違いについて見て行きたいと思います。

カテゴリーとタグの違いとは?

カテゴリーとは

カテゴリーは記事をジャンルごとに分類するものになります。例えばこのブログには「ねこ」というカテゴリーがありますが、このカテゴリーに分類される記事には猫のニュースや猫の商品、もちろん飼い猫についてなど「ねこ」についての記事が集まっています。大まかな分類と言っていいと思います。

 

タグとは

タグとは記事内によく登場する「キーワード」など、大まかな分類ではなく細かい分類に使います。カテゴリー分けするまでもないようなキーワードは、タグとして設定するのがいいと思います。

 

なぜカテゴリーやタグを設定するのか?

SEO対策など色々あると思いますが、私が1番思うのはカテゴリーやタグを付けることで読者が記事を検索しやすい!という事だと思います。どんなにいい記事を書いたとしても、読者がブログ内から読みたい記事を探しにくいというのは非常にもったいないと思います。

また記事数が増えてきた際に、カテゴリーやタグできちんと記事の整理が出来ていれば管理者としても非常に楽になります。

私が思うカテゴリーやタグを設定する際の注意

  • カテゴリーは1個だけ!複数のカテゴリーを付けない
  • 読者にわかりやすいカテゴリー名にする
  • タグは1記事にあまり多く付け過ぎない
  • せっかく分類分けしても記事数がそんなに多くならなそうなカテゴリーやタグは付けない

 

全て当たり前のことだとは思うのですが、これらのことを注意しながらやっています。カテゴリーと言うのは記事のジャンルのことであると説明しましたが、記事のジャンルが複数あるというのもおかしいですのでカテゴリーは必ず1つにしています。
もし複数カテゴリーを付けたい場合は、カテゴリーに親子関係を持たせて付けるのがいいと思います。カテゴリーはタグとは違い親子関係を作って階層を持たせる事ができます。例えば「ねこ」という親カテゴリーに、「ねこの画像」や「ねこの生態」というように子カテゴリーという階層を作りより詳細な分類をしていくのもいいかと思います。

 

わかりやすいカテゴリー名というのは言わずもがなですね。自分だけにしか分からない暗号のようなカテゴリー名をつけても、誰にも検索してもらえません。

タグの数に付いてなのですが、個人的には2〜3つぐらいに絞っています。あまりタグをごちゃごちゃ付けすぎても、逆に何についての記事なのか読者にはわかりづらくなってしまいますので。

そして最後の項目についてなのですが、タグはまあいいとしてカテゴリーは基本的に大まかなものになりますのでやたらに作成して増やさないほうがいいと思います。増やしすぎても1つのカテゴリーに記事が1つづつみたいな状態になってしまい、せっかくカテゴリー分けする意味が無くなってしまいます。

 

 

以上の事を踏まえて記事を分類していくと、筆者・読者ともに記事を探しやすく読みやすいブログになるのではと思います。私もまだまだ初心者ですので、今後カテゴリー分けやタグ付けをよりわかりやすくなるように努めていきたいなと思います。

 

 









最後まで読んで下さりありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です